恋をする

久々に素直に恋をした。8歳半も年下の男の子。元気で自信にあふれ素直でわがままで。側にいるだけで嬉しくなる。元気をもらえる。笑って話しかけてくるだけで、側に来るだけで、ドキドキする。なんでこんなことになってしまったのか、訳が分からない。分からないから恋なんだろう。
この気持ち、伝えたい、でもどうやって伝えていいか分からない。きっと向こうは恋愛対象としては見ていないだろうし・・・でもあんなに笑いかけてくれるだけで、時々そばにきてくれるだけで、嬉しい。そんな様子を見ていると、ひょっとして可能性があるかもしれない、と、信じたくなる。勘違いしそうになる。
「WHY NOT? いいじゃん、そういうことがあったって、いいじゃん!」
いつになったら飽きるだろう、いつになったら忘れられるかな。でも何も言わずに忘れてしまうのは、いや。
数ヵ月後、このメモを見て、何を思うか?自分。
[PR]
# by namaenona | 2005-08-30 00:56 | 日記

メリー・クリスマス!!

クリスマスですね。
いろいろあっても友達もいるし励ましてくれる先輩もいるし、今までのところけっこう幸せな人生を送ってます。
つぶやき終わり。
[PR]
# by namaenona | 2004-12-25 01:09 | 日記

ううむ人生って

ほとんど別れる覚悟をしはじめてた3年越しの超遠距離の相手から電話・・・
3月に日本に来るっていう。誕生日いっしょにすごそうよ、だって。どーしたんだよ、突然。嬉しくないわけじゃあないんだが。すごーく複雑だ。
[PR]
# by namaenona | 2004-12-03 05:38 | 日記

ちょっといい気分

最近、読書づいてて、ちょっといい気分。人にすすめられた本をすすめられるがままに読んだら意外に面白い。今更ながら内村鑑三を読んでいますが、なかなか新鮮です。今の世の人々にもぜひ読んでほしいと思った。

さらにはしはらく触っていなかったピアノにも触り始めました。
趣味に走るのは、要は仕事がつまんないからなんだけど。。。
ふと立ち止まって周りを見渡すいい機会なのかもしれません。

温泉の大浴場で測った体重に衝撃を受けて、その帰り際にオムロンのカラダスキャンを買いました。まあとにかく基礎代謝は低いわ脂肪は多いわ筋肉は極端に少ないわで、この10年近い不摂生と運動不足がモロに来てる・・・涙

30代半ばともなると、さすがに人生いろいろ真剣に考えないといかんですね。
[PR]
# by namaenona | 2004-11-30 07:27

老神温泉 仙郷の里

確かそんな名前の旅館だったと思うが・・・
友人のみどりとよしえとみちこと4人で1泊2日の温泉旅行。
自分らがいかに疲れてるか、よーーく分かった・・・
健康は大事だね。というわけで新宿の東急ハンズでオムロンのカラダスキャンの一番高いやつを買ってしまった。しかしまだ開封せず。
帰りに寄った華厳の滝がすごかった。そう、日光は生まれて初めてなのです。

さっさと帰って、家の新聞の片付けでもしようと思っていたのに、ついブックオフで寄生獣全10巻を1050円で購入。一気読みしてしまった・・・
面白かった。人間に対する考え方とか、環境とか、地球とか、生とか死とか共存とか。
いろんな重たいテーマが、なかなか分かりやすく表現されていて、ストーリー展開もテンポよくどんどん広がって行くし、オチも良かったです。グリーのオススメリストにでも加えようかな。
[PR]
# by namaenona | 2004-11-16 02:22

なんとかふみとどまったさ

あぶないあぶない。

とーっても楽しい一夜だったんだ。最初っからわかってたさ。ビミョーな感情があるのはさ。決していやな感じではなかったんだよ。

強い視線をまともにあびると、自分を保つ自信がなくて怖いからさ。あぶないぞって思ったら不自然じゃない程度にさ、目を皿の料理にやったさ。
なのによ、タクシーで送ってもらったさ。ばかなじぶん。後部座席でびみょーに距離が近いのも、ちゃんと気がついてたさ。
でもがんばったよ。お互いね。最後に握手したのがさ、何ともいえなかったさ。

笑顔がまぶしい人だった。また会うのかなぁ。優しい視線が忘れられないぞ。

車おりてすぐに家に帰る気がしなくてふらふら歩いてしまった。

なぜかBGMは最近友達に借りた矢野顕子なんだけど。あんまり今の雰囲気とか気持ちとかにぴったりで驚くわね。
[PR]
# by namaenona | 2004-11-10 01:17 | 日記

新しいブログ

ココログのレイアウトに飽きてきたので、こっちにも作ってみました。
最近、朝の6時過ぎないと寝る気になりません。
よくないなぁ。
[PR]
# by namaenona | 2004-10-16 06:23 | 日記